つぐみのジャカルタものがたり

つぐみです。2019年4月からジャカルタ駐在の旦那さんのもとへ。ジャカルタでの日々の出来事、筋トレや美容、料理等綴っていきます♪

ジャカルタ環境問題について微力ながら考えてみた。

スラマッシアン✋

つぐみです🐱

4月から住んでいるインドネシア ジャカルタ

色々あるけれど この国の気候も人柄もつぐみさんは好きだ。


しかし環境問題についてはまだまだ発展途上といいますか…一昔前の日本のような状態。

大気汚染
今月初め、ジャカルタ大気汚染が世界でワースト1位というショッキングな結果もでて。

たしかに、あれ?遠くの建物が良く見えないなあ~って思うことがよくある。

モヤがかかってる感じ… けれど実感はない。のどが痛くなるわけでもなく

咳が出るわけでもなく。

けれど大気汚染は呼吸器系に確かに悪影響を及ぼすからね。。。

www.erca.go.jp

大気汚染の原因はやはり自動車による排気ガスが大きいらしい。
対策として
①なるべく公共交通機関を使う
低公害車いわゆるエコカーハイブリッドカーや電気自動車、メタノール自動車)にする
などがあるんだけど…👀

①については、
今年の春からジャカルタでは、電車(MRT)が運転開始して、利用者も多く渋滞も緩和されたというけれど(本当かな?)

まだまだ区間も短いし、ほとんどの人が駅までめっちゃ遠いという現実も。公共交通機関だけで生活するのは難しいかな。

会社さんによっては徒歩禁止✖MRT禁止✖だったり さらにはタクシー禁止✖ で家庭車だけでしか移動できないという方もいるから。

そんなつぐみさんは移動手段はMRTとタクシー。MRTの駅が家の近くにあるが故。


ここは海外。

日本人はお金持ってるという認識をされているが故、まだまだ安全とは言い切れないから、
トランスジャカルタなどのローカルな公共交通機関にはあまり乗らないでねとやんわり指導を受けたり。
MRTは警備の人がいるので安心して乗れる公共機関だなあと感じてます。


身の安全第一で移動したいものですね。

②はなかなか現実的ではないなあ。💦車を買い換えるのにお金がかかるから初期投資が…。

安全に歩けるくらいに道が整備されたら一番いいんだけどなあ。

自転車とか乗りたいよー🚵

微力だけど、MRTを利用する等 自分にできることから地道に実践していきたい。


ゴミ問題

さらにはゴミ問題も深刻だよなあ。。。

衝撃を受けたのは、瓶や缶、プラスチック、燃えるゴミ・・・分別する決まりがないこと。

MRTや公共の設置されているゴミ箱は、分別の表示があったりするんだけど、

まだ一般的には分別義務がない模様。。。

ジャカルタのゴミ問題について知りたい。そんな時キャリアカフェさんのこちらのイベントを知った。

f:id:tugmi:20190820094743j:plain
8月29日開催。

すごく興味がある。家庭で出たごみはどこへ行くの?リサイクルされるの?

ゴミ問題のためにできることは??いろんな疑問が解決されそう。


先日Twitterでブカシ南部にあるゴミ山の画像を観た時は、このままだと本当にやばいという危機感が募った。

ゴミ山の中で、一生懸命分別作業をしている人々がいたそうです。

ゴミの分別を義務化してほしい、そう切に願う。。


そんななか、プラスチックを減らそうという取り組み

プラスチックゴミによって海の生物が窒息死をしてしまったりするから、
プラスチック製品を減らそうという動きはあちこちで伺える。

・ストロー
たとえば飲食店の飲み物のストロー。繰り返し使えるような鉄製のものだったり

紙製のストローだったり。

・レジ袋有料化

ほとんどのお店、スーパーでレジ袋が有料化していて、エコバックを持参している人々を多く見かける。

あと、自然にかえる素材でできた袋 タピオカの原料でもあるキャッサバでできたものが普及している。

neutmagazine.com

こちらの袋は有名ですね👀💦



環境問題に深い知識を持っているわけでもないけれど こういった記事を書いたのは、

本当にこのままだと危険だと感じたため、 少しでも自分に何かできることがあればという思いがあったからです。

本当はたくさん知識を付けてから記事にすべきか悩みましたが💦


これから少しづつ知識をつけてできることを行動に移していこうと思います。

読んでいただきありがとうございます。